×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニーソックスについて

今、日本で大流行しているニーソックスについて書いていきます。本当のニーソックスとは、丈が膝下、あでのハイソックスと同じ長さの靴下をさすのです最近の日本では、膝上まであるオーバーニーソックスのことがニーソックスと呼ばれている。一般的には膝下までのものをハイソックス、膝上のものをニーシックスと呼ばれて言葉が実態に合わずに浸透しているので、その用法で書いていきます。若い女性向け雑誌の「セブンティーン」や「CUTE」でもオーバーニーソックスのことをニーソックスと呼んでいます。ニーソックスよりも長くて太もも付近まで丈があるものは、サイハイソックスと呼ばれている。サイハイソックスは漫画、アニメ、コンピュータゲームなど、架空の作品の美少女キャラクターに多くみられる。ハイソックス、ニーソックス、サイハイソックスの人気のある色は白、黒、紺である。白は優等生らしく見える、黒は誠意を強く見せる効果があることで多用されている。

「絶対領域」とは

ニーソックスのことを調べていると、面白い言葉に出会います。「絶対領域」という言葉は大変、面白い言葉です。「絶対領域」とは、女性がミニスカート、ミディスカートを履き、その下に丈の短いオーバーニーソックス、ニーソックスを合わせてはいたときに、太ももの素肌が露出する部分を指します。インターネットスラングの一つです。最近では、膝辺りの長さのタイトスカート、ミディスカートを履き、その下に丈のも短いオーバーニーソックスを着用して、動いたときに僅かに太ももが見える場合も「絶対領域」と呼ばれています。また、極めて少数派であるが、ミニスカートを履いた女性が、どんなに激しく動いても、下着が見えない場合に、ミニスカートの内側の空間を「絶対領域」と呼ばれることがある。「絶対領域」とは、漫画のキャラクターにのめりこんだオタクが作ったしろものである。こんな、オタクの世界には入らないようにしましょう。

オーバーニーソックスについて

オーバーニーソックスとは、現在日本では通常ニーソックスといわれているものです。膝頭を包む程度の長さのソックスです。女性が履くものですが、男性ではあのDJ・OZUMAが履いているので「OZUMA」ファッションとも言われています。オーバーニーソックスに良く似た外観を持つものにノンガーターストッキングがあります。このノガーターストッキングも近年、オーバーニーソックスと同様に着用者が増えつつあります。主にコスプレに使われることが多く、サイハイソックスが入手困難であるため、代用品として使用されています。エロかっこいい系の影響でガーターなどのランジェリー的な装飾が流行している。オーバーニーソックスの流行の背景には日本人の女性の体型が生活習慣の欧米化により、脚が長くなったことにある。ミニスカートを履くことに抵抗がないことも一つの原因である。ミニスカートの下に履くものとしては、ハイサイソックスは入手困難であるため、ニーソックス、オーバーニーソックスが好まれています。

Copyright © 2007 ニーソックスのサイト